忍者ブログ
コンピュータの世界に40年、その経験が役立てば、これに過ぎた幸せななし。
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 渡邊君のノートPCの修理が完了した。但し、バッテリーに不安がある。

 以下、修理の経過:

(1)症状から、電源周りに障害があることを確認。
(2)先ず手探りで分解する。
(3)DCコネクタの他、特に以上は認められない。
(4)電源周りのパーツを調べ、インターネットで検索する。前回説明したAmberの部品。日本語で一件ヒットしたが、サイトのオーナーの詳細は知らないようだ。但し、DCコネクタの記載があり、型式が異なるが、分解の手順が写真入で紹介されていた。
(5)手順を参考に、再度分解。マザーボードを取り出す。
(6)マザーボード裏面のDCコネクタのハンダ付けの部分に黒ずみがあった。
(7)DCコネクタを動かしてみると、足が折れていた。黒ずみは、それが原因でブリッジして出来たのかもしれない。
(8)ハンダを溶かし、DCコネクタを外す。
(9)ジャンクのマザーボードからDCコネクタを外し、同じものであることを確認する。
(10)付替える為、ハンダごてでホールを空けようとしたら、折れた足が詰まっていて、苦労した。ハンダの吸引器があるのだが見当たらないので、更に苦労。
(11)ジャンクのDCコネクタの背面をテープで補強し、ハンダ付けする。
 *フレキシブル・スタンドがあったので助かったが、結構厄介だった。それに、ハンダごてなどしばらく使っていないので手間取ってしまう。
(12)組み立てる。この際、前回の失敗があるので、フレキシブル・ケーブルの取り扱いには注意する。
(13)組み立て後、電源投入。日付・時間のBIOSエラー表示。
(14)BIOSセットアップで、修正後、再起動。
(15)OSが起動し、Windowsが実行された。
(16)修理完了。但し、バッテリーの問題があるので、充電可能かどうか確認中。

 今回は、同機種別型式のジャンクがあったので部品の転用が出来た。また、正規のマニュアルは無かったが、参考になるサイトがあった。しかし、正規の保守マニュアルがないので、試行錯誤の連続である。それに、地方ではパーツの入手が困難である。例えば、DCコネクタなどは、大抵同じものだろうが、それを一個入手するとなると、どうであろうか。

 いずれにしても、試行錯誤や分解・組み立ての時間、パーツ探し、更には慣れないハンダごて、費用対効果を無視しなければ、ノートPCの修理は出来ないだろう。今回は幸いにも、自分の推測とは異なり、問題解決が容易であった。それでも、インターネットによる検索回数は、十数回に及んだ。ネットワーク社会とは言え、保守マニュアルや部品の入手が困難な地方に居ると、矢張り地域格差を感じるのである。

柏崎マイコンクラブ「喫茶室」から転載
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
ドクター梶谷
性別:
非公開
職業:
システムエンジニア
趣味:
パソコン
自己紹介:
柏崎マイコンクラブ顧問
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[07/29 足立 恭巨]
[03/19 xize minlang]
カテゴリー
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索