忍者ブログ
コンピュータの世界に40年、その経験が役立てば、これに過ぎた幸せななし。
[20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近のコンピュータ教育の実情を知らないが、言語体系も変化し、様々なツールが登場し始めた頃から、基礎の基礎と云うべき分野が疎かにされているのではないかと思うようになって、久しい。 事実、三年前、長岡の会社で新人教育を行ったとき、そんなことを感じた。 そこで、基礎の技術しか使うことの出来なかった時代のプログラミング技法というか、アルゴリズムあるいは考え方に付いて書いておくことも必要かと、自分の書いたプログラムを例に紹介したい。 もっとも、陳腐な話と笑われるかも知れないが。
 
 メモリー容量も少ない、ましてや、ハードディスク使えない、フロッピーのみのPCで、100種類ある在庫管理システムを作れと依頼されたら、皆さんは、どう対処するだろう。
 
○事例の情況
 今はもう骨董品になってしまった、あるいは死語になってしまった日本語タイプライターをご存知だろうか。 その大手の某メーカーから、80万種類ある活字の在庫管理がしたいのだが、出来るだろうかという相談があった。 マシン環境は、PC8001MkIIにカラーCRT、外部記憶装置は、8インチのフロッピーディスク(FD)、ほかにプリンターでる。
○問題点
 問題点は、種類ではなく、一種類当りの数量の問題だ。 せいぜい100個多くても200個を在庫するだけで、活字自体はすぐに鋳造できるとの事。 これなら、問題は解決する。 さて、野のように解決したと考えられるだろうか。
○解決策
 「コロンブスの卵」なのだ。 8インチのFDは、約1メガの容量である。 すなわち、約100万バイト、一種類の活字に1バイトを割り当てれば、先のように1種類の最大在庫数が100から200なのだから、充分に間に合うのである。 二連のFDなので、一方をプログラムに、もう一方をデータ専用にすればよいのだ。
 但し、プログラムに工夫がいる。 FDのトラック・セクターに、直接、読み書きをしなければならない。 この辺りの事を、言い換えると、FDの物理的構造やファイル構造が理解されていいれば、付け加えると、FDのコントローラの多少の知識があれば、プログラミングの難しくはない。
 実際、この方法を使うと、大容量のハードディスクを使うより、アクセス速度は速いのである。 カシャとFDを読みに行くと、画面に瞬時に表示される。 そんな具合なのだ。
 
 実は、この方法、これが最初ではない。 外来患者数約4000人病床数約500の総合病院の病歴管理プログラムを作るとき、試行錯誤の末、発案した技法なのだが、この場合には、もっと多くの問題点があった。 これについては、また次回に。
 
 
Best regards
 
 
梶谷恭巨

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
ドクター梶谷
性別:
非公開
職業:
システムエンジニア
趣味:
パソコン
自己紹介:
柏崎マイコンクラブ顧問
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[07/29 足立 恭巨]
[03/19 xize minlang]
カテゴリー
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索