忍者ブログ
コンピュータの世界に40年、その経験が役立てば、これに過ぎた幸せななし。
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 長いこと、自分の名前「恭巨(ヤスヒロ)」と同名の人は居ないのではないかと思っていた。 ところが、昨日、ブログにコメントが寄せられた。 差出人は、福岡の「足立恭巨」さんという。 最初は、何かの悪戯か間違いだと思ったが、詳細を読むと、そうではないようだ。 何でも、同窓会の案内があり、私と同様に、「恭臣(ヤスオミ)」と間違えられていたそうだ。 そこで、インターネットで、果たして「恭巨」という名前の人が居るのかと、調べたところ、『柏崎通信』あるいは『ドクター梶谷』のサイトがヒットしたということらしい。 早速、命名の経緯など返信する。
 
 少々気になるので、私もGoogleで検索してみた。 ”恭巨”で絞り込んで検索したところ、約1310件のヒットがあった。 因みに上げてみると、
 
有野恭巨さん: ゴム関係の技術者らしい。 発明(特許)があるようだ。
阿部恭巨さん: 矢張り技術者か、理系の学生さんか。
藪野恭巨さん: 阪急ホテルのシェフらしい。
神田恭巨さん: 山口県の消防団員らしい。
早川恭巨さん: アパレルウェアという会社の採用担当者らしい。
斉藤恭巨さん: 大阪の中学生で第61回大阪市長杯の中学2年の部で優勝している。
大田恭巨さん: ブログを掲載、URLでは「Yasuomi」とあるから、間違いかも。 良くあることだ。
小原恭巨さん: 新丸子の不動産屋さんらしい。
牧 恭巨さん: 石油会社の人らしい。
梅本恭巨さん: 宮島の猿山が好きとか。 広島の宮島に猿山などあっただろうか。
小塚恭巨さん: トライアスロンの選手らしい。
 
 以上、暇に任せて調べてみたが、こんなところだった。 名前が珍しいと、良い事があるのかも知れない。
 
 因みに、私の名は、父親の「恭夫」から一字、最初は別の名前を考えていたのかもしれないが、(もしかする「恭臣」かも)、祖母が、どうしても戦死した弟の名前「一巨(イッキョ)」の「巨」を付けて欲しいということから「恭巨」となった。 しかし、さて、どう読ませるかと言うことになり、父の実家である湯浅と縁の深い、出雲大社の宮司・千家さんに相談したところ、「ヤスヒロ」と読ませればよいということになり、「恭巨(ヤスヒロ)」という事になったと聞いている。
 
 「一巨」の正式な読み方が「イッキョ」なのかどうか、聴いた記憶が無い。 「一巨」大叔父は、東大大学院でフランス文学を研究していたが、応召され、旧満州の虎林(コリン)というところで戦死したらしい。 祖母と母は、ソ連からの引き上げ船が入港すると聞けば、舞鶴に出かけていた。 引き上げてくる軍人さんに、聞いて回ったが、情報は皆無に近かったそうだ。 ただ、同じ部隊という人から、一巨大叔父は、語学が堪能だったので、連隊なのか師団なのかは不明だが、司令部付だったそうだ。 ソ連が、日ソ不可侵条約を破棄し、旧満州に進攻したした際、前線である虎林に居たことは確かだったようだが、ここに駐屯していた部隊は、ほぼ全滅。 結果、その後は不明。 ソ連が旧満州の捕虜を強制労働のため連行したと言う情報に一縷の望みを賭け、祖母と母は舞鶴に出かけた。 祖母は、亡くなるまで、一巨大叔父と、原爆で死んだ大叔母・渚のことを気にかけていた。
 
 渚大叔母は、東京女子医大を卒業後、日本赤十字に入社、広島赤十字病院の外科医(被爆当時、外科部長、男性の医師が軍医として出征していたからか)として働いていた。 出勤のため、白島の広電の停留所に居た時に(車内にいたのかもしれない)、被爆。 全身、電車のガラスの破片を浴びていたそうだが、病院まで這うようにしてたどり着き、手術中に死亡したそうだ。 被爆後の広島に出て、渚大叔母の消息を尋ねたようだが、それどころではないのが広島の状態。 戦後も日赤病院の関係者などを訪問して、生前や死の状況など尋ねていた。 実は、小学生の頃、中耳炎(慢性)に罹り、近くの病院ではなく、日赤病院に通ったのも、祖母の思いがあったからかもしれない。 余談だが、祖母の妹弟で生き残ったのは、長女である祖母と末っ子の陸(クガ)大叔母の二人だった。
 
 祖母の思いもあるので、その後、私が調べたのだが、一巨大叔父についても、渚大叔母についても、多くの情報を得ることはできなかった。 最近になって、東大と女子医大の学生名簿を確認し、調査依頼したのだが、詳しい情報は得られなかった。 また、渚大叔母については、日本赤十字社に問合せをしていたのだが、広島赤十字病院については、書類が焼失あるいは戦時中・戦後の混乱期に紛失し、伝聞情報をまとめたものがある程度で、しかも、被爆し亡くなった職員が多いので、詳しい情報は無いとのこと。
 
 まあ、そんな祖母の思いから、私の名前が「恭巨」に成った次第である。 余談は、今日が原爆の日、終戦の日が近いので、私事ではあるが紹介した。 
 
Best regards
梶谷恭巨
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
ドクター梶谷
性別:
非公開
職業:
システムエンジニア
趣味:
パソコン
自己紹介:
柏崎マイコンクラブ顧問
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[07/29 足立 恭巨]
[03/19 xize minlang]
カテゴリー
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索